アルコールの節酒の妊娠への影響と心がけ

アルコールを控える妊活中の女性たち

なんとかして妊娠したいと思っている女性にとって、日々の生活の中で妊娠するために良いことと悪いこと、関係のないことというのを区別したいと思うのは当然のことでしょう。

特に悪影響を及ぼしてしまうことはできるだけ避けて、うまく妊娠して子供が授かれるようになりたいと思うのが世の常です。

妊活中はアルコールを控えて

旦那との計画的な性行為によって妊娠することができるようにするために積極的な妊活をする人も近年では多くなっています。そのときに普段の生活の中で気になる項目の一つとしてあげられるのがアルコールでしょう。

妊活中はお酒を控える

アルコールの影響

妊娠してお腹の中に赤ちゃんがいる状況になった場合にはアルコールがあまりお腹の中の赤ちゃんによくないということはよく知られていることです。

大人ともなるとその害をうまく代謝することによって回避できますが、胎児に移行してしまった分は胎児に悪影響を与えることが確認されています。

これは妊娠を既にしている場合ですが、妊娠そのものへの影響はどのようになるのでしょうか。

その影響についての研究結果はアメリカから発信されています。

女性の場合には毎日アルコールを20g以上摂取している場合には不妊になってしまう確率が60%上昇するちおうデータが報告されています。そのため、妊活中は避けるべきというのが基本的なスタンスと考えたほうが良いでしょう。

しかし、ワインに関しては妊娠を促進するという報告もあるため注意が必要であり、お酒の中に含まれている様々な成分がプラスに働くこともあり得るのです。

しかし、アルコールそのものに関しては摂取しないに越したことはないというのが事実となっています。

妊娠初期に飲酒しないために

できるだけ避けた方が良い理由にはもう一つあります。それは妊娠しているのに摂取してしまっていたという状況を避けることができるからです。

妊娠に成功したからといって、そのときにすぐに気づくことができるわけではありません。

多くの人が初期に気づきますが、妊娠兆候が出るまでには一般的に一ヶ月近い日にちを必要とします。

その間に摂取を続けてしまうと胎児が育ち始める重要な時期にアルコールの悪影響を与えてしまうことになってしまうでしょう。そういった事態を避けるためには妊活中はできる限り控えるに越したことはないのです。

少なくとも妊娠予定日頃からは禁酒に努めるということが大切です。

男性へのアルコールの影響

一方、男性の場合には影響がないということが示唆されています。

しかし、男性側が不妊の原因となる場合もあり、長期に渡る大量の飲酒は精子数や精子の質の低下をもたらすということも言われています。

そのため、妊娠率を少しでも上げるためには旦那にも協力してもらって夫婦で禁酒を心がけるという方がよりよいでしょう。

もし完全にやめるのが難しくても節酒を心がけて、子供を作ろうとする直前からその後にかけてについては夫婦で一致団結してアルコールを断つようにすると協力して子供を生むことに近づいていけるようになるでしょう。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です