旦那をSEXに上手く誘う4つの方法

妊活のたま男性を誘う女性

女性側からSEXに誘う事は、おかしい事ではありません。なぜか日本の社会では女性はSEXアピールしてはいけない、といった風潮が存在します。

しかし欧米圏では男女は常に平等の権利を持っていると考えられており、日本風に言えば性に対して貪欲な肉食系女子が米国や欧州にはたくさんいます。

4つのSEXアピール方法

特に子作り希望の妻が、旦那に対してアピールする事はおかしい事ではありません。
むしろ性に対して奥手なタイプの男性であれば、女性側が主導権を握るしかありません

旦那がその気になるまで妊娠出来ない、と後ろ向きな気持ちになってしまうと、憂うつな日々が続くばかりです。

妊娠を本気で希望するなら、旦那任せにせず上手い誘い方を考え、日々の暮らしの方で実践していきましょう。

女子が実践できる効果的な誘い方は、4つあります。

セクシーな下着で男性を誘い妊活

直球勝負

1つめは直球勝負です。

旦那に対して直接SEXしたい、子作りしたいとの気持ちをダイナミックにぶつける方法です。

これは成熟した夫婦関係であれば非常に成功率が高い方法であり、しっかりと言葉にする事で旦那側にも妻の気持ちが伝わりやすくなります。

そして妻からの懇願を受けた事で、男性側もやる気を出してSEXに集中出来ます。

日本人男性は根が優しいタイプの男性が多く、妻に対してSEXの要求を勝手に遠慮してしまっている人々も少なくありません。

セクシーに誘惑

2つめの誘い方ですが、これはあえて言葉を使わないメタ的なやり方です。

例えば排卵日に限り、普段はあまり身につけないキャミソールやタンクトップといった露出度が高い衣類を着用し、旦那を無言で誘惑する誘い方です。

男性はビジュアル的にうったえかけられるSEXアピールに大変弱い性質を持っており、バストラインがざっくりと開いたトップス、下着がちらりとのぞいてしまうようなミニスカートなどで、無言の誘惑を繰り返せば、性に対してあまり貪欲ではないタイプの方でも、妻に対してムラムラした自然な性的欲求を抱き始めます。

開放的な場所へ

3つめの誘い方も少しトリッキーかもしれません。1つめや2つめの方法は女性が少し積極的にアクションを取る必要があり、シャイな奥様では実践し難いやり方です。

内気であまり派手な方法を選びたくない奥様は自然と子作りに持ち込める、夫婦旅行を企画しましょう。

温泉地や海外旅行先は、言わば隠れた子作りスポットです。

非日常感が味わえ、解放的なムードが男女間に現れますので、二人っきりで海外や温泉地に行きたいと男性に伝える事が、遠回しではありますが、子作りのサインとなります。

子宝に恵まれる神社、温泉地などであれば、それとなく意図が男性に伝わりますので、なお効果的でしょう。

お酒のちからを借りる

そして最後の4つめの誘い方ですが、お酒の力を借りる方法があります。

とにかくシャイで内気な女性はこの方法が効果的であり、ほろ酔い気分で男性に近づき、ボディタッチを繰り返しましょう。

ボディタッチはある種の前戯であり、普段とはまた違った陽気な状態で妻に迫られた男性は、そのリクエストに対して前向きに反応してくれます。

女性からボディタッチを続ける事で、自然とキスやペッティングに移行出来ますので、お酒の力を借りて甘いムードを時折作れば、子作りの確率は自然と上げられます。

セックスのきっかけや誘う方法は、パートナーの性格により異なってくることは多いと思いますが、子作りなしに妊娠は出来ないのでまずは恥ずかしがらずに何か初めてみましょう。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です