妊娠したいときにお酒をどうするべきか

アルコールを控える妊活中の女性

そろそろ子供が欲しくなったから妊活をしようという女性にとって、日々の生活の中で何に心がけたら良いのだろうかということは大きな疑問となるはずです。

子作りをするからにはしっかりと成功させて元気な子供を産みたいという願いを持つのは当然のことでしょう。

妊活中にお酒を飲みたい

妊活中にお酒を控える
日常生活の中で影響をあたえるものがあるのであれば少しでも良いから気をつけたいと思うものであり、食生活や運動習慣などの様々なものに気を使う女性も大勢います。

その生活の中で人によっては手放しにくく、影響についても疑問が湧きやすいのがお酒です。

胎児に対して悪影響があるということは妊娠について勉強をするとよくわかりますが、それ以前の妊活においてお酒に良い影響があるのか悪い影響があるのかということは疑問に思われてしまうことも多いでしょう。

妊娠確率を下げるお酒

その影響について具体的に試験を行った統計的なデータがあります。

基本的には女性はアルコールの摂取を避けるべきということが結論となりますが、状況はやや複雑です。

毎日20gのエタノールを摂取していた場合には妊娠確率が低下しますが、もっと量や頻度が少なかったらどうなるかということは必ずしも明らかにはなっていないのです。

週に一度くらいは晩酌をしたいというような人にとって、本当にそれが悪影響を及ぼすのかどうかという点については現状としてははっきりと根拠をもって影響があるとはいえない状況があります。

ワインならOK?

また、ワインについては妊娠確率が上昇したという事実があり、ワインに含まれるポリフェノールのような抗酸化物質などの影響が妊娠を促進する効果がある可能性が示唆されています。

お酒の影響がどの程度で卵子に影響を与えてしまい、妊娠確率を上下させてしまうかは判然としていませんが、常習的に飲み過ぎるのは悪影響があるということは事実です。

そのため、現状としては禁酒をすることに越したことはないということは明らかでしょう。

プラス効果もあるお酒

一方、お酒を飲むことによるプラス効果についても考慮しなければなりません。

不妊の原因としてストレスが影響することもあり、ホルモンバランスが崩れることによって排卵そのものに影響がでてしまうこともあります。

そのストレスの軽減にお酒が寄与していることも多いのが事実でしょう。

そのため、むやみに禁酒をしてしまってストレスをためこんでいってしまうと妊娠できなくなってしまうリスクもあるというのが事実です。

妊活をするつもりで禁酒をしたのが、かえってマイナスに影響してしまうという事態も考えなければならないのです。

しかし、妊娠できたというのにお酒を飲み続けてしまったときに退治に与える影響が大きいのは確かです。そのため、できるだけ禁酒を考えるに越したことはありません。

それがストレスになってしまうのであれば節酒を心がけ、ここぞというタイミングで性行為をするときの少し前からしばらくの間は我慢をして禁酒に努めるというのが理想的な妊活の取り組みとなるでしょう。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です