効果的な妊活の極意

妊活中に食生活に気をつける女性

結婚して子供を作って家庭をもちたいと考える人はまず子作りを始める必要があります。

しかしいざ子供を作ろうと考えてもうまくできないこともよくあります。

これはタイミングなどいろいろな要素があり、もちろん男性側にも妊娠するために考えておくことはいくつかあります。

妊活方法

女性も男性もまず妊活を行う上で必要なのが妊娠する力をつけるということです。

しかしどのような方法があるのか、本当に効果があるのかわからないこともあります。

意外かもしれませんが食生活から見直すという方法もあり、ほかにもサプリメント、漢方薬や運動など様々な方法でより妊娠力を上げる方法があるのです。

ストレス発散する妊婦

食生活の見直し

食生活を見直すことで、血行がよくなったり、体を温める効果があるものもあります。

納豆や玄米、青汁などを摂取したり、ビタミンや葉酸が含まれているいちごやグレープフルーツなどを食べるという方法もあります。

特に女性の場合は自分の体を温めておくというのは大切で、食べ物によって体の中から温めるという方法も効果があると言われているのです。

体温が低い状態だと生理不順になることもあるのです。

温かい飲み物としてはカフェインの入っていないものでゆっくり飲んで温めるといいです。

温める

体を温めるということでは足元を温めることです。

靴下やレッグウォーマーも効果があります。

同時に血行にも影響があるふくらはぎや太ももは温めておくといいです。

もうひとつ体を温める方法としては適度な運動をして代謝をよくするということです。

ハードな運動をする必要は一切ありません。

また寒い日に外に出なくても家の中でも適度にできる運動があります。

またお風呂も効果的なので、シャワーより湯船につかって半身浴でゆっくり体を温めるといいです。

子作りには男性も妊娠のために取り組んでおくべきこととして、やはり体を温めておく、冷え性は直しておくことが大切です。

運動をする

そのためにも適度な運動は効果があります。

日常生活で少しでも歩くようにするなど、歩くことによって下半身の血行もよくなります。

その結果血流もよくなり、男性モルモンの分泌も促進されることになります。

男性ホルモンということから、筋力をアップさせるとその分泌量も増えることになります。

ウォーキングやスクワットなどで下半身を鍛えて筋肉をつけるということも効果的です。

ストレスを溜めない

妊活を行っているときは睡眠不足やストレスは避けるようにします。

運動することで睡眠も取れるようになりますし、ストレスの解消にもつながりますので適度な運動はとても効果があると言えます。

食べ物としてはインスタントものはやめておいて、ビタミンやミネラルのあるものをとるようにします。

また飲酒や喫煙は避けるようにします。

妊活というのは女性だけでなく男性も積極的に取り組んで、二人で協力して妊娠しやすい体づくりにチャレンジすることから始まります。

そして子作りを行うときには食事や生活を見直すようにして日常の生活習慣を変えることも必要です。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です