妊活女性必見!絶対に妊娠する方法はある?

gaeher

確実に妊娠をするために

まだ妊娠をしていない方や妊娠を経験した方も過去には、自分が妊娠しにくい体だとは案外思わないものではありませんか?最近では晩婚化や結婚後も仕事に精を出す女性も多いので、いざ妊活を始めよう!と思い始める平均年齢もだんだんと上がっています。

しかし、実は誰もがすぐに簡単に妊娠するというわけではありません。

子作りを開始する年齢が早ければ確率が上がるのはもちろん、子宮の状態、生活習慣、食生活、ストレスの産むなど、様々な環境が整っているほど妊娠の確率はグンと上がり、絶対に妊娠を望むのであればまずは自分自身の年齢や環境を見なおして見るのが大事です。

出来るなら自然妊娠を目指したい

最初から妊活に向けて治療を選択する方はそうはいません。

「絶対に妊娠する!」と意気込んている方はまずは基礎体温を測り、自分の排卵日を予測し、狙って子作りをする方法まず試す女性が大半です。

一般的に、妊娠を望んでいる夫婦(パートナー)と避妊をしないでセックスをしているのに、2年以上妊娠をしない際に「不妊」と言われています。もちろん不妊の原因は女性だけでなく男性が原因の可能性もあので、「不妊かな?」と思ったら、まずはパートナーとともに検査してみるといいでしょう。

調べてみないとわからない原因が分かるかもしれません。

子宮や精子に異常がなければもしかしたら生活環境の中で見直す点があるのかもしません。

出来るだけ自然に妊娠をしたい方でなかなか授からない方も、不安を抱えたままただチャンスを待つよりも、一度検査をして原因はどこにあるのかを考える場を設けることで、より妊娠に近づくチャンスになりますよ!

妊孕力と適齢期

絶対に妊娠したい!絶対に妊娠する方法はないの?と中には焦っている方もいらっしゃると思います。

しかしながら妊娠には「絶対」という言葉は使いきれません。

女性の妊娠する可能性は
・20代〜30代前半で25%~30%
・35歳〜18%、
・40代〜5%、
・50代〜1%
と30歳から妊娠力は少しずつ下がってきて、37歳からは急速に低下していきます。

また、せっかく妊娠をしてもやはり年齢が上がるにつれて流産をしてしてしまう可能性も高くなり、35歳以降ではダウン症の確率も上がる傾向にあるので、俗にいう”高齢出産”はハイリスクといえるため、パートナーと子作りを開始する年齢も充分に相談の上、妊娠の計画を立てて望めるといいですね。

絶対に妊娠する方法

適齢期が20代〜30代前半とはいえ、すでに結婚をした年齢や妊娠を望みだしたのが30代以降の方も多いと思います。

そうすると出来る限り時間をかけず妊娠まで待ち望むでしょう。

20代での妊活なら、時間をかけてタイミング法でなんら問題はないかと思いますが、30代を過ぎてからの妊活であれば早めに病院で一度パートナーとともに検査を受けることをおすすめします。

「病院に行く」=「不妊治療の始まり」と考える方も多いかもしれませんが、妊娠するためのしっかりとした知識を教えてもらうことはもちろん、妊娠前に信頼出来る先生を作っておくのも安心して妊娠を迎える材料になります。

また、自分の子宮の状態や相手の生殖機能の状態をしっかりと把握し、排卵日についての正しい予測方法なども自分に合わせてつかめるので、インターネットや本などが普及している現代でもまずは病院で検査をしてみて様子を見ながらタイミング法、それでもダメなら生活習慣の見直しやサプリなども使用してみたり、適度な運動などをして妊娠しやすい体を保っておくこと。

それらがダメであっても、病院にかかり信頼出来る先生をつくっておくことで不妊治療へもスムーズに移行出来ますね。

20代でも1回の周期で妊娠する可能性は25%〜30%です。

消して高くはありません。

「絶対に妊娠する方法」は、個人差もありなかなか断言は出来ないことなので、より妊娠する可能性を上げるために出来る範囲で赤ちゃんを出迎える準備をしていきましょう!

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です