不妊治療にはいくらかかるのか?

費用

今では当たり前のように認知されている不妊治療ですが、一言にそういっても色々と種類があります。
とあるデータによると不妊治療の平均的な費用としては140万円であり、これはなかなかの金額であると言わざるを得ないでしょう。
期間としても2年程度が平均的な期間となっており、結構な時間を、そして結構な費用でやらないといけない行為であることは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

不妊治療データ
しかし、色々と種類があることは確かであり、それによって違いもありますから、その種類をよく把握しておいたほうがよいでしょう。

まず確実にやるべきことが男性の不妊検査

要するに精液検査ですが、どうしても不妊は女性側にその責を負わせがちですが、男性側に問題があることもよく理解しておきましょう。
これが40000円弱くらいかかることにります。
ちなみに3日から5日程度の禁欲が要求されます。
これで男性側のみに原因がある、となりましたら精子を増やす為の対策などをすることになります。それで、男性側には問題なし、となった場合、女性側に問題があるとなります。

自然妊娠

不妊治療はメンタルな部分をケアすることも大事ではありますが要するに子供ができやすい時期を狙ってとにかく受精させる、それを狙うことがよくあります。
これがタイミング法による自然妊娠です。
これは負担も少なく、比較的やりやすいです。本当に自然に妊娠したのとまったく同じになりますから、体に関してどうこうとすることはないです。
これが一回凡そ5000円から10000円くらいの負担になります。

もう一つが人工授精

これは排卵のタイミングに合わせてそれを採取します。
そして、濃縮処理を施した精子を子宮に入れて、自然妊娠をさせようとすることです。
タイミング法で駄目だった場合、こちらに移行することが多いです。
1周期あたりで30000円くらいは覚悟しておきましょう。

最もお金がかかるのが体外受精、顕微教授性

これは女性の体から卵子をまずは取り出します。
そして、採取した精子を受精させてまた体に戻す、というやり方です。

一般不妊治療では妊娠が期待できないなどの理由があったり、とにかく時間的に急いでいる、という場合にやることが多いです。
これが高額であり、30万円は確実に用意しておく必要があります。

不妊治療には保険が適用されるものとそうでないものがある、というのはよく理解しておきましょう。
保険適用されている治療としては、排卵誘発剤などによる処置、卵管疎通障害に対する卵管通気法、或いは精管機能障害に関する処置などです。
人工授精や体外受精というのは完全に保険適用外になりますから、かなりの出費を覚悟しておくべきです。
しかし、可能性としてあるだけでも救われる人は多いでしょう。
また、男女どちらによせ、心理的な負担が大きいことでもありますから、メンタルケアに関してもよく配慮したほうがよいです。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です