妊娠準備に肥満は大敵!妊活前にダイエットしましょう

肥満で妊娠しない女性

いざ妊活を開始してもなかなか妊娠しない場合があります。

現代は女性の結婚時の年齢も上がっているので、不妊治療を受ける方も多くいますよね。

不妊の原因は様々ありますが、実はその中に肥満に起因するものも存在しているのです。

妊娠前のダイエットのすすめ

妊娠中に悲しむ女性

肥満はBMIの値で判定すると海外では30以上ですが、日本では25以上になると生活習慣病にもかかりやすく肥満と判定されます。

ですからBMI値が25を超えていて妊娠する兆候が現れない場合は、一度病院を受診することをお薦めします。

妊娠と肥満の関係

必ずしも肥満の方が妊娠しにくい訳ではありません。肥満でも2人目、3人目とj何の問題もなく妊娠出産する方もいます。

しかしこれは確率の問題であり、肥満であれば妊娠しにくい状態である確率もまた高いものなのです。

というのは、肥満の方は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に罹患しやすいのです。

多嚢胞性卵巣症候群は卵胞が発育するのに時間がかかり、なかなか排卵しない疾患です。

排卵障害であれば妊娠しにくいのも当然ですよね。このPCOSになる原因として、内臓脂肪が多い事が挙げられています。

また肥満であると運動不足のことも多く、血行が悪くなります。

下半身の血流も悪くなりますから足のうっ血やむくみに悩まされる人も多いのではないでしょうか。

そうなると骨盤内の血行も悪くなっています。必然的に子宮や卵巣にも栄養がうまく行き渡らなくなることも考えられます。

このように肥満は妊娠しにくい状態を招いてしまうので、妊娠準備としてダイエットすることが必要になってきます。

まずはBMI25以下の標準体型を目指しましょう。

ダイエット方法

食事は高脂肪・高カロリーを避け、低カロリーで高タンパクなものや野菜等を多く摂取するようにします。

運動も必要です。といってもウォーキングやストレッチで良いので、毎日継続して体を動かすようにしましょう。

今まで車を使っていたなら徒歩や電車で移動する、といった心がけを変えるだけでも随分違ってきますよ。

真剣に取り組めば2か月程度で体は大きく変化してくるはずです。

妊娠中の肥満のリスク

妊娠準備として強くダイエットを薦めるには他にも理由があります。

もし不妊治療を開始するにしても、肥満であったり体脂肪率が高いと治療で使用するホルモン剤の効き目が悪くなってしまうというデメリットがあります。

脂肪が邪魔をして、医師がコントロールしても効果的に届かなくなるのです。

さらに運良く妊娠しても初期流産の可能性が高くなるのも知っていて欲しい事実です。

2010年に発表されたイギリスの研究結果によると、BMI25~30では流産率は38.5%、BMI30以上で33.3%にものぼります。

これはBMIが25以下の場合の倍近い数値になっています。

流産原因として染色体異常が無い割合は、肥満の場合58%で非肥満の場合37%です。

つまり流産の原因が肥満である可能性も高いと言えます。

妊娠中も肥満である為に妊娠中毒症にかかりやすかったり、妊婦糖尿病のリスクも高くなります。

最近は妊娠中の体重管理も厳しく、体重管理も辛いものです。

妊娠準備中に規則正しい生活や食習慣にシフトしておけば、妊婦生活を無事に過ごせる可能性もあがるのです。

その為の準備としてもダイエットを頑張って下さいね。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です