妊活!ベビ待ち必見!サプリのおすすめ成分3つ!

a0002_007002

ベビ待ち中で一番大事なことは必要な栄養素をきちんととることです。妊活成分を摂取する上で気になるのがサプリの摂取。

けれどサプリってたくさんあるし、どんなものが効果的なのかな。

片方が取るだけでなく夫婦一緒に摂取できる効果的な成分って何だろう?

妊活サプリをどれにしようかお悩みの方に!サプリに入ってると妊活に嬉しいオススメの成分をご紹介します。妊活に効果的な成分をきちんと知り、それを含むサプリを選ぶと良いでしょう。

そしてサプリに含まれる成分を取ることにより妊娠体質に近づけましょう。

まず妊活に必要な基本の成分をご紹介します

葉酸…子宮内膜を厚くして着床率アップ、細胞分裂の強化、流産・先天異常のリスク軽減になります。レバーやわかめなど海藻類に多く含まれています。

ルイボス…活性酵素を抑え、卵子の老化予防になります。最近はオーガニックのルイボスティーが人気で健康の為に飲んでる方も増えています。

こちらは食事で取ることができます。

健康にも良いので食事で取ることをおすすめします。

サプリが含む成分はこちらの基本的な成分はもちろん、食事でとりにくい成分もしっかりととることができるのでオススメです。

以下の食事ではとりにくい成分をご紹介します。

1.  コエンザイムQ10

コエンザイムQ10はどこかで聞いたことはありませんでしょうか。

コエンザイム10Qは肉類や卵の中に多く含まれていますが、肉や卵はコレステロールや脂質が多く含まれているのでたくさんとることもできないですよね。

なので健康食品のサプリで販売されていたりします。

妊活でコエンザイムQ10が必要な理由は卵子や精子をはじめとする細胞の活性化、生命維持・活動に必要なエネルギーをつくるミトコンドリアがあります。

女性の場合、卵巣機能を向上する働きがあります。

人は加齢とともにミトコンドリアの機能が低下します。20代半ばから不足し始めるので、不妊の原因になります。

なのでコエンザイムQ10をとることにより、その機能を補うことができるのです。

またコエンザイムQ10をとることにより、肥満解消、アンチエイジング、疲労回復など女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。

男性がとることにより、精子の活性化が向上します。

精子無力症と言われる場合、精子の運動率が下がっていることが原因となり、コエンザイムQ10をとることにより、この運動率をあげることができます。

2.ヴィネアトロール

ヴィネアトロールは、ブドウ(VINE)とレスベラトロール(RESVERATROL)の造語です。レスベラトロールは高い抗酸化作用で知られるブドウの皮に含まれるポリフェノールの一種です。

主に赤ワインなどから摂取することができますが、特にフランス、ボルドー地方のぶどうの新芽に多く含まれるといわれています。

卵母細胞の数を増やす働きがあるので不妊の女性に効果的です。

男性の場合、摂取することによって精子の生存能力を高める効果があります。

3.リコマット

リコマットはトマトに含まれるリコピンが持つ機能性を高めた成分になります。自製法加工により吸収力を高め、抗酸化力を発揮します。

トマトを食べるだけでは効果が出にくいのでリコマットを含んだサプリをとることをオススメします。リコマットをとることにより子宮内膜症によって起こる内部の瘢痕化を防止になります。

リコピンは抗酸化力が高く、正常な精子を増加させる働きがあります。また、高濃度リコピンは男性生殖器や前立腺癌抑制させ、子宮内膜症によって起こる内部の瘢痕化を防止することができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

3つの成分は食事でとりにくいのでサプリでとることをおすすめします。購入するサプリのほとんどにとれる成分が記載されていると思うのでぜひチェックしてみてください。

ベビ待ちのお二人にとってピッタリのサプリが見つかるといいですね。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です