子作りの苦痛や疲れをやわらげる方法

妊活にストレスを感じる女性

子供は欲しい時にすぐに出来るとは限りません。妊娠を希望した日からなかなか子供が出来ないパターンも考えられます。特に赴任の場合には子作りは経済的にも精神的にも非常に忍耐が強いられることとなります。

子作りの問題点を解決

子作りで最も負担となるのは経済的な問題です。結婚費用や子育て費用はある程度計画することは可能ですが、子作りで治療を行う場合にはゴールがいつ訪れるかが分かりにくく経済的な負担が大きくのしかかってきます。

人工授精でも数万円かかり体外受精だと何十万と必要になってきます。クリニックによって多少の値段の違いはあれどお金がかかることは紛れもない事実です。

友達と妊活について話す女性

時間と体の負担

このように負担が重なってくるとしんどいという思いやつらい、やめたいという考えが頭をたびたびよぎります。しかし、子作りには年齢も重要ですのでやめることはその後に大きなリスクを伴います。

また病院へ通い毎回のように採血や内診、注射をしなくてはいけない肉体的に苦痛もあります。これらが苦痛に思うかどうかは人それぞれですが、少なからず時間と体には負担がかかります。

相談相手を作る

何度も挑戦し敗れた時には大きな疲労感が襲ってきます。このような女性側の子作りの大変さを少しでもやわらげるには相談出来る相手が居ることが重要です。このような問題は一人で抱えがちです。

ですから疲れたという気持ちやしんどい気持ちを吐き出せる相手が必要となってきます。有益なアドバイスはなにもいりません。ただ必要なのは話を聞いてもらう事です。

配偶者である夫がこのような役割を担えば一番良いのですが、実際には仕事で忙しかったりまた余裕がなかったり理解してくれるとは限りません。そんな時には自分の母親だったり友達のような深く関わり合いがある人に気持ちを吐露することで負担が随分と減ります。

信頼出来る病院探し

また、身内だからこそ話せないという場合には病院で話してみるのも一つの方法です。信頼できる病院であれば、そのようなつらい気持ちも全て含めたうえで治療にあたってくれます。

信頼出来る病院を探すという事は精神的にも大きな支えになります。そして子作り中に大切な心構えとしては焦らないという事です。

友人や周囲の妊娠、出産の時期が重なるというのはよくあることです。

年齢が同じくらいなので不思議なことではありません。

友人の妊娠に焦らず、可能ならば少し距離をとっても良いかもしれません。

そうすることで周囲と自分を比較することがなくなるので徐々に余裕が出てきます。

ストレスを作らない

最も大敵なものはストレスなのでストレスを感じる環境からは一歩引く事です。リラックスできる時間を意図的に作りましょう。本を読んだりお菓子を食べたり特別な事でなくても良いのです。

ほんの少し肩の力を抜くことの出来る時間が体も心もほぐしてくれるので貴重です。

子供が出来ない時にはまるで出口のないトンネルのように思えますが、高確率でそこから抜け出せることは可能です。

その日を万全の状況で迎えるため日々の環境づくりに努めましょう。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です