不妊治療時の排卵促進剤投入のタイミングと副作用について

排卵促進剤をうつか迷う女性

不妊治療というのは通常タイミング法から開始することが多いようです。

特に男性の方にも女性の方にも不妊の原因がないと判断される場合には排卵日を経腟超音波検査で予測し、夫婦生活のタイミングを調整していきます。

この時に少しでも妊娠する確率を向上させるために投入されるのが排卵促進剤です。

つまり排卵促進剤は夫婦生活のタイミングで投入されるのです。

排卵促進剤を投入するにあたって

排卵促進剤の副作用に悩む女性
排卵促進剤と言うと人によっては障害を持った子が生まれてくると思う人がいらっしゃるようですが、その心配はありません。

それはどうしてかと言いますと排卵を促進することを目的にした薬だからです。

そのために黄体機能を高めるとともに、基礎体温をなるべく安定させる働きを持っています。

なお卵巣を刺激したりしますが、卵子に対しては刺激を与えません。

このため、排卵促進剤によって障害のある子が生まれてくることはありませんし、実際にそのような報告も聞いたことがありません。

排卵促進剤のクロミフェン

ではどのようなものが実際によく使われるのでしょうか。

よく使用されるのは「クロミフェン」というものです。

クロミフェンは主に排卵や月経が全くない人によく投入されますが、それ以外にも全く機能しない黄体機能に働きかけて改善を促したり、人工授精において投入されたりします。

このため、不妊治療ではクロミフェンが使用されることが多いようです。

実際にクロミフェンを投入すると脳に卵胞刺激ホルモンを分泌するように働きかけを行い、間接的に卵胞が育つのを手助けをして排卵を促します。

排卵促進剤の副作用

このように様々な働きをするクロミフェンですが人によっては副作用が心配の人も多いと思われます。

実際にどうなのでしょうか。

実はクロミフェンを投入すると副作用が発生する可能性があります。

というのも、クロミフェンを長い期間投入し続けていくと次第に子宮内膜が薄くなってきたり、頚管粘液が少なくなってくる等の症状が発生し易くなる可能性があるのです。

この他にもクロミフェンを服用していると実際の出産時に流産する確率が高くなってしまいます

クロミフェンを服用しないで通常に出産する場合に比べて流産し易くなってしまうのです。

しかも人によっては服用していく中で頭痛が発生したり、吐き気を催す場合があるのです。

しかし、一般的に経口薬の排卵促進剤では卵巣過剰刺激症候群と呼ばれる副作用に見舞われることは滅多にありません。

また排卵促進剤を投入すると双子や三つ子と言った多胎が生まれてしまうと懸念している人も多いですが、実際にクロミフェンを投入した場合に双子が生まれる確率は5%程度です。

これは一見確率が高いようにも思われますが、通常の自然妊娠で双子が生まれる確率が80組に1組、つまり1.25%は存在します。

三つ子以上が生まれる確率については、自然に妊娠した場合とほぼ同じ程度となっています。

このため、クロミフェンを投入することによって多胎が生まれ易くなってしまうということはほぼありません。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です