子宮を温める!?驚くべき効果と子宮温活方法に密着!

川沿いを走る女性

女性特有の悩みと向きあおう!

女性特有の悩みは、まず体のつくりから見てみることが大事。婦人系の悩みといえば、生理痛、生理不順、便秘、冷え性、下半身太り、感情の起伏が激しい…などがよく挙げられます。

そして、男性にあって女性にないもの。それは子宮です。

実はこれらの婦人系の悩みは、子宮を温めることにより解決しちゃうんです!
「え?子宮を温める?」そうです、子宮温活!今とっても話題なんです。
子宮をの冷えが体の不調を起こす原因なんです。

最近ではヨモギの温座パットなどもネット通販などで人気らしく、直接的に温めるアイテムも注目されています。女性特有の悩みと向き合うためには、まず女性の体を知り温活を始めることと良いでしょう。

子宮が冷えてしまう原因

・年中エアコンの効いた部屋にいる
・ダイエットをしている
・ファーストフードなどをつい食べてしまう
・座りっぱなしの仕事をしている
・糖分や脂質の多いものや冷たいものが大好き
・携帯やパソコンを眺めている時間が長い
などなど、あなたも当てはまることが多いのでは?たくさん当てはまってしまった方は子宮冷えにご注意です。

温活を始めて女性の大切な臓器である子宮をいたわってあげましょう。

なかなかライフスタイル上、改善しにくい行動もあるかもしれませんが、少しでも自分にあった温活をすることで今より少しでも心にも体にも優しい環境を作ってあげられます♪

目指せ子宮あったか美人★

温活をする上で大事なことは、適度な運動(下半身の筋力を中心とすると効果大!)、お風呂にゆっくり浸かる、食生活の見直し、服装で温める(1枚プラスするとGOOD!)などが主にあげられますが、子宮を温める効果としては「骨盤エクササイズ」「下半身マッサージ」などもとってもおすすめです。

下半身の冷えが体に良くないことを知ってしまうと、お尻や太ももの冷えって特に気になってしまいます。マッサージをするだけでも血のめぐりは良くなるので、わりとポカポカと体は温まりますよ。

ストレスをためないために大事なこと

子宮は本来赤ちゃんを育てる場所なのでたくさんの血が流れている場所です。しかし最近ではストレスにより子宮の筋肉が硬くなっていたり、それにより血行が悪くなり、隠れ子宮冷えの方も多いんです。

すると卵巣も正常に動かなくなり、ホルモンバランスが崩れ自律神経の乱れや体の不調がおとずれてしまうという悪循環になってしまいます。

ストレスをためて結果的にまたホルモンバランスが崩れ自律神経が乱れてイライラするという負のループにはまる前に、まずは温活をして体を労って下さい。

最初は温かい飲み物を飲むことから始めてみましょう。

なんだか気持ちが「ホッ」っとしませんか?少し気持ちが軽くなったら、次はステップ2。
いつもより少し歩いてみようかな。そうして、少しずつ少しずつ子宮温活のために出来る行動を増やしていきましょう。

子宮温活を始めるだけで痩せやすい体になり、不妊になりにくく、美肌効果や綺麗な髪、心までハッピーな温活美人になれちゃいます!

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です