女性の社会進出と妊活を考えよう!

aezdd

近年は女性の社会進出も進み、結婚を機に退職する女性はかなり減少しました。高度経済成長期あたりから、日本では「女性は家庭に入り、外で長時間働く夫を支える」という専業主婦のスタイルが主流になっていきました。

また、”専業主婦”という言葉は裕福なイメージやステータスでもあり、就職した会社は寿退社をするという風潮にありました。

しかしバブル崩壊や日本の経済が不況に陥り、男性だけの収入では生活出来ない家庭も増えたことや男女雇用差別均等法などにより、女性が結婚や妊娠をしても継続して働くパーセンテージが多い時代へと変化してきています。過去には「アフター5」や「アフター6」などという言葉が主流だったように、定時になると会社の制服を着替え、同僚や友人と食事をする女性たちで街は賑わっていましたが、今は女性も社会的地位をつけ、責任のある仕事を任せられる時代です。

残業もあれば、ストレスの量も増え、仕事が忙しいし平日は友人と食事に行く元気すらない…なんてことは多いですよね。

結婚を機に、そろそろ子どもがほしい、妊活をしようかな…?なんて漠然と考えてはいるものの、仕事は忙しい。

そもそも何が妊活なの?今妊娠したらこの仕事は誰がするの?帰ってから疲れて早く寝たいし今はそれどころじゃない!両立出来るか不安…そんな思いもありますよね。

妊活は何をすればいいの?

就活、婚活、そして妊活。

最近よく耳にしませんか?もちろん字を見て分かる通り、”妊娠活動”です。

しかし何を持って妊活というのかはそれぞれ思い描く定義は違いますよね。妊活とは、妊娠に前向きに活動し、なおかつ正しい知識をつけながら自己の体をきちんと把握することを言います。

「ブライダルチェック」という言葉も最近はよく耳にしますが、結婚をする際に男女ともに自身の体をしっかりと把握することは近年珍しくありません。

生理が正常にきていても、しっかりと検査をすることで健康状態や子宮の状態のなどが確認出来、前向きに妊活に取り組めます。しかし、なかなか授からない女性ややっとの思いで授かっても流産をしてしまうこともある現実の中で、妊活と仕事の両立は女性にとってはかなりのプレッシャーとストレスになることもあります。

もちろん妊活をするには産婦人科に定期的に通院することもあり、仕事を度々休むことに引け目を感じてしまう方もいます。

経済的に考えたり、産後も復帰をすることを考えると仕事は続けていきたいと思う方も、正社員からパート社員へ切り替えることや、職場を変えてみたり、思い切って仕事をやめてしまうこともストレスをなくすためには必要な決断かもしれません。まずは仕事が忙しい方も妊活をしてみて、自分のペースに合った働き方を考えて両立をしてみるのもいいでしょう。

ストレスなく仕事と妊活を両立するために

しっかりと質の良い睡眠や休息をとることや、適度な運動をすることはもちろん、友人や家族との時間を大切にして楽しい話題の共有や趣味などの娯楽を楽しむことはとっても大切です。

妊娠・出産には当然お金がかかるので、簡単には仕事はやめられない方も多いでしょう。

しかし妊活をするのなら、なるべくストレスがたまらないように自分をいたわってあげることはとっても大切なんです。出来る限りストレスをなくし、仕事と両立しながら赤ちゃんを迎えられる体の環境づくりをしていきましょう!

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です