生理の症状がきてしまった時に考えるべき事

生理が来て落ち込む女性

妊娠を望む女性にとって、生理が来てしまうということはとても残念で、結果が出せず悔しい思いをするという事でもあります。しかし、実際妊娠というのは本当に奇跡的なことでもあるので、気落ちをすることなく過ごすということが、次につながります。

ポジティブシンキング

月経が来てしまって、それによって気分が落ち込んでいくということになると、夫婦の溝が深まったり、精神的にも不安定になりがちです。

妊娠する確率

妊娠する確率というものは、人間はかなり低い確率です。おおよそ20%とされていますが、年齢によっては、それより低くなるということもあります。

授かったということは本当に素晴らしいこととも考えられます。

生活リズムを整えて、ストレス軽減をするという事も同時に必要になります。

しかし、実際妊娠したというような症状が出た場合でも、時には化学流産してしまうということがあるのも覚えておくべきです。

生理に落ち込み体育座りの女性

化学流産

化学流産は、妊娠判定薬などで、妊娠が陽性になっているという場合でも、生理がきてしまうということです。受精はしたものの、着床が続かなかった状態とされており、妊娠判定薬が陽性になっていたとしても、妊娠に至らなかったということになります。

このことに関しては、非常に悲しみ、ナーバスになる人も多いのですが、一般的には流産というようなことではありません。

赤ちゃんがまだできていない状態ということと考えてもいいので、いつもの生理というように思って、受精していたという事すら気づかない場合もとても多いのです。

化学流産においては、妊娠検査薬を早めに利用して、陽性になったのを確認した場合それに気が付くということがあります。また、科学流産というように記載しているネット上の文章などもありますが、正確には科学流産ではなく、化学という感じを使うとされています。

次のチャンスで頑張る

妊娠は、受精し、着床が継続され、その後も、胎嚢が確認され、心拍を確認しというように、一つ一つ変化があるものですので、心配が多いともいえますが、妊娠に対してストレスにならないように、落ち着いて生活をするという事も非常に大切です。

月経が来るということは、がっかりしてしまうということでもありますが、次のチャンスに赤ちゃんに合えるかもしれないというように気持ちを切り替えるタイミングが来たというように思ってもいいのではないでしょうか。

夫婦で、ストレス発散の方法を考えたり、より仲良くなれるように生活してみたり、会話を増やしたりというような自分が楽しく、明るく過ごすことが出来るように心がけることが大切です。

月経が来ることを、重く受け止めることなく、次のチャレンジのために、心を切り替えていくことを大切にしていきましょう。

前向きに、努力できることを新しくしてみるということもいいのではないでしょうか。

食事や、睡眠、仕事の内容など見つめなおし、自分自身を、そしてパートナーをより大切にしていくことも同時に考えていくことで夫婦仲もよくなっていくと考えられます。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です