子作りの始め方で大切なこととは

子作りに大切なこと

女性の妊娠が可能な年齢は43歳ぐらいまでといわれており、妊娠力が高まるのは25歳から35歳までです。

子作りの始め方として、まず、妊娠しやすい女性の特徴は、若く、生理が順調で冷え性や精神的ストレスなどを抱えていないという条件があります。

妊活の始め方

まず、はじめにすることは、妊娠しやすい身体を作ることです。季節を問わず子宮を温めて、冷たいものを控えたり、夏でも腹巻をするなどの対策を行うことが大切です。

精神的ストレスによりホルモンバランスを乱してしまい、月経不順の原因となるため、ストレスは早めに解消することが大切です。

妊活を始めた健康的な女性

まずは基礎体温から

子作りの始め方として次に、基礎体温をつけることで、正確に排卵日を知ることも大切です。基礎体温は朝起き上がる前に毎日計測し、専用の体温計を使うと便利です。

基礎体温を測ることで、リズムを把握することができ、排卵日を予測することができるようになります。一般的に排卵日は、一番基礎体温が下がった日か、その翌日もしくはその翌々日であることが多いです。

そのほかの方法として、排卵検査薬を使用する、病院で排卵日を予測してもらうなどの方法があります。

生活習慣の見直し

子作りの始め方として妊娠率をアップさせるために、生活習慣を見直すことも必要です。まず、男性も女性も質の良い食材をバランスよく食べることで、元気な卵子と精子を作り出すことができます。

血行が悪くなり、冷えを引き起こさないために、身体を締め付ける服装は避けることが大切です。

お風呂には心身をリラックスさせる効果があるため、体温程度のぬるいお湯にゆっくりと浸かってリラックスをすると良いですね。

また、タバコのニコチンは血管を収縮させてしまう効果があるため、女性は女性ホルモンや卵巣機能の低下を招き、男性の場合には勃起不全に陥る可能性もあるため、禁煙することが大切です。

お酒もアルコールは身体を冷やしてしまうため、控えることが望ましいです。生殖器官を働きやすくするために、適度な運動も大切です。適度な運動によって、骨盤内の血流がよくなり、生殖器官が働きやすくなります。

葉酸を摂取

赤ちゃんの細胞が分裂するときに大事な役割を果たす葉酸を取り入れることも大切です。妊娠前からしっかりと葉酸を摂取することも子作りをするためには大切です。

食品だけでは摂るのが難しいという場合には、サプリメントで補うことも効果的です。

睡眠不足は、ホルモンバランスを崩してしまう要因となってしまうため、生理不順などの原因ともなるので、良質な睡眠を摂ることも大切です。子作りの始め方として、自分の身体のことを知ることと、妊娠しやすい身体作りを行うことが子作りをはじめる上でとても大切です。

また、子供が生まれるためには、女性の努力だけでなく、パートナーである男性の役割も大切です。男女共に健康状態をしっかりと維持し、お互い協力し合うことが大切となります。

お互いに規則正しい生活をすることがとても重要です。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です