妊娠初期に発生する腹痛と生理痛の違い

妊娠初期段階で腹痛の女性

妊娠の初期段階に生理痛に似た腰痛が発生することがあります。

これはどうしてかと言いますと、胎芽が成長する際に子宮が伸びていきますが、その際に同時に子宮が収縮する運動も行われます。

腹痛と生理痛を比較

生理痛でお腹が痛い女性
実はこの収縮運動には痛みが生じるのです。

また子宮を支える靭帯が伸びてしまうことによって痛くなることもあります。

さらにホルモンバランスが崩れることによって子宮の感受性が高まってしまうとお腹に張りが出てしまい腰痛が発生してしまうことがあります。

妊娠初期の腹痛

そもそもお腹が張るというのは妊娠している間はよく発生する症状の1つなのですが、初めて妊娠を経験する人にとっては腹痛と感じてしまうようです。

もちろんこのような痛みは長く続くものではなく一時的なものと思われますし、痛みがあるからと言ってそれが流産のきっかけになることはありません。

ただし、頻繁に痛みが発生する場合は他の要因の可能性もありますので、あまりにも痛みが和らがない場合はすぐさま病院で診察を受けるようにしてください。

生理痛

次に生理痛についてですが、そもそも生理痛が発生するのはプロスタグランジンというホルモンが過度に分泌されてしまうからであると言われています。

そもそもこのホルモンは子宮を収縮させることで経血を体外に排出する働きを担っていますが、このホルモンが過度に分泌されると子宮が頻繁に収縮運動をしてしまいそれが痛みの原因となってしまいます。

なおこの痛みは陣痛の時に下腹部が痛んだり、腰が痛くなる症状と似ているという特徴があります。

またこのホルモンは冷えによって骨盤内に溜まることがあり、それによって生理痛がさらに酷くなってしまうことがあります。

他のホルモン

では他のホルモンについてはどうなのでしょうか。

実はホルモンによってはただ単に痛みを強めてしまうものもあり、それが原因で頭痛を併発してしまうこともあります。

さらに子宮の出口が狭くなっているとそれ自体が生理痛の原因となることもあります。

それはどうしてかと言いますと、狭い分経血が流れにくくなってしまいそのために痛みが生じてしまうからです。

しかし、子宮の出口が狭い人でも出産を経験すると子宮の出口が広がるので痛みが和らぐようです。

ストレスでも腹痛になる

これ以外にもストレスでホルモンや自律神経のバランスが崩れて生理痛になることもあります。

妊娠初期の痛みも似たような痛みが生じます。

特に下腹部の痛みはよく似ていると言われます。

しかし、実際には人によって恥骨が痛かったり、そもそもチクチクする痛みであったりと痛みを感じる部分にバラツキがあるようです。

このように痛みにはその原因の違いはあるものの似たような痛みになるケースが多いようです。

ただ痛みは痛みでもそれが恥骨の痛みであったり、チクチクした痛みであったりする場合は念のため妊娠を疑ってみても良いのではないでしょうか。

しかも予定日よりも生理が遅れていてそのような症状が発生する場合は特にチェックするようにしてください。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です