妊活に疲れたときにすること

妻をフォローし妊活する夫

子供がほしいと願っていても何年たっても子どもができないという夫婦が増えています。このような状態を不妊といいます。

最近不妊に悩む夫婦がとても増えているといいます、不妊になっている要因は1つではありませんが、女性の晩婚化ということもその要因の一つのようです。

というのも女性には妊娠して出産に適する年齢というのがあります。それは20代が一番妊娠しやすいのですが、いまの社会情勢からなかなか20代で結婚する人が減っています。

30代になって結婚して、なかなか子どもができないというときにはすぐに妊活をしたほうがいいです。

妊活で疲れて眠る女性

妊活は想像以上に大変?

妊活というのは、妊娠できるようにいろいろ活動を行っていくことをいいます。妊活を真剣に考えるときはまず行うことは、産婦人科にいって自分の身体の状態を知ることです。

とくに生理不順でなければ自分には問題がないときめつけることがありますが、実際にしらべてもると子宮、卵巣、卵管になにか問題が見つかるということも少なくはないです。

そのため医師の指導のもとに、治療をうけることで妊娠がしやすくなるケースもあります。

生活習慣を改める

そのあとでとくに自分の婦人科系の器官に問題がないということであれば、自分の食生活や生活習慣を改めていくことが必要です。暴飲暴食をしたり煙草を吸っているという人は改める必要があります。

とくに喫煙は妊娠にとって悪影響があります。

とくに女性の場合、妊娠した場合、胎児に当たるのは悪影響なだけですから、すぐにやめていったほうがいいです。

そのほかに、冷え性や便秘ということも不妊の要因になっていくことがあるので、それを改善していくことが必要です。

たとえばヨガをやったりホットヨガ、岩盤浴などを生活に取り入れて少しでも体温を上げていくことが必要です。

体温が上がることで代謝力があがりますし、体の血流もよくなるので、妊娠しやすい体になっていくからです。

妊娠に疲れた時には、、、

ただ、妊活というのは、ゴールがあるとすればそれは妊娠までということになります。

妊娠はいろいろな要素がうまくいってできるものですから、いつ妊娠するのかもわかりませんし、どんなに努力したからといってすぐに成果がでないこともあります。

そうすると、精神的にも疲れた状態になることもあります。

とくに妊娠は女性しかできないので、いつまでも妊娠しないと女性は自分を責めて疲れた状態になるのです。そうなっては、本末転倒です。

ですから夫側のフォローというのがとても重要になってくるのです。

妊娠したいという気持ちが強ければ強いほど、なかなか妊娠しないことにあせったり、疲れてしまうことがあるので、夫婦でコミュニケーションをしっかりとっていくことが必要になってくるのです。

とくに、妊活をいつまでやっていくのか、金銭的にどこまで考えているのかなどとても大事なことなので納得するまでしっかりと話し合っておくことが必要です。

また不妊が男性側にも問題があるということもあるので、夫が治療を受けるのを協力的になることも必要です。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です