産み分け出来るなら!?子作りする前に…

tefd

あなたも一度は子どもを産むなら「男の子が良いな」「女の子が良いな」と考えたことはありませんか?実際に姙娠している方でも、性別はどちらかな、女の子が産まれたらこんなお洋服を着せたい、男の子が産まれたらこんな遊びを一緒にしたい、などと考えたことはありますよね。

産み分けについても、色々噂などは聞きつつも、あまり日本では子作りする際に重要視している方は少なく信ぴょう性に欠けるところがあります。

そこで、産み分けについてまとめたのでご紹介いたします。

どうやって性別は決まるのか

性別は精子によって決まります。

46本ある染色体のうち、性の染色体は2本あり、この2本がXX(女)かXY(男)になるかで性別は決まります。

卵子の染色体はXと決まっているので、受精する精子がXであるかYであるかにより性別が変わってくる、ということになります。女の子がほしいならXを、男の子がほしいならYの精子を受精するように子作りをすれば、希望する性別への産み分けへの可能性は上がるかもしれません。

X精子とY精子の特徴

X精子とY精子はどう違うのでしょうか。

X精子とY精子の特徴を比較してみましょう。

X精子の特徴(女の子)
・酸性に強くアルカリ性に弱い
・寿命が長い
・Y染色体よりも数が少ない
・動きが遅い
Y精子の特徴は(男の子)
・アルカリ性に強く酸性に弱い
・寿命が短い
・数がX染色体よりも多い
・動きが早い
女性は通常膣内が酸性、子宮内がアルカリ性です。

そして排卵日が近づくことで膣内もアルカリ性に傾いたり、女性が性行為に満足するとアルカリ性の粘液が分泌されるため膣内もアルカリ性に傾き、その特徴が産み分けに大きく影響するため、膣内が酸性のままならY精子は生き残るのが難しいため女の子になりやすく、膣内がアルカリ性であれば男の子になりやすい、というわけです。

子作りする日がポイント?

つまり、産み分けで一番のポイントは排卵日により膣内が酸性かアルカリ性かという点が私達でも狙いやすく産み分けしやすい子作りに励むきっかけになります。

女の子がほしい場合はX精子を受精し、膣内を酸性に保てる確率を上げるべく、膣内の酸性が強くなるといわれている排卵日から2〜3日前が狙いどきです。

逆に男の子がほしいのであれば膣内がアルカリ性に傾いている排卵日当日を狙うと良いですね。そして女性がより性行為に満足すると膣内がアルカリ性に傾くといわれているので、そこも大事なポイントです!

産み分けゼリーとは

産み分けゼリーとは、性行為時に使用し、産み分けをしやすくする潤滑ゼリーのことを言います。

溶かして膣内に挿入し、膣内を酸性やアルカリ性にして子作りに励めばより産み分けの確率が上がるというグッズです。

日本製であれば自然由来のものが多く、リスクなども特にありません。最後の手?として使用してみるのも良いですね。

産み分けするために

産み分けの子作りをただするだけではなく、きちんと正常な排卵や元気な精子を保つことは不可欠です。女性も男性も過度なダイエットやストレス、喫煙や暴飲暴食などは避け、姙娠力を上げることがまず大切です。

そして、産み分けに100%はありません。

姙娠すること自体奇跡のような素敵な経験。

どちらの性別を授かっても、パートナーと大切に育てていけるようしっかりと相談して話し合いながら産み分けの子作りをしてくださいね。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です