卵胞ホルモンの働きと増やす方法

排卵ホルモンを増やす方法を知る女性

卵胞ホルモンとは女性ホルモンの一つです。

脳の視床下部から下垂体を刺激するホルモンが分泌され、下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌されます。

これに反応した卵巣は眠っている卵胞の中の10個~20個を成長させ始め、卵巣から分泌された卵胞ホルモンがこれをサポートします。

女性らしい丸みのある体つきを作るのに使われ、卵胞の熟成を促進します。

排卵ホルモンの増やし方を考える女性

また受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くし、精子を取り込めるように頚管粘液をたくさん分泌など妊娠に深く関わっています。

排卵ホルモンの分泌の変化

卵胞ホルモンは、生理周期によって分泌が変わります。

生理の終わり頃から排卵直前までは妊娠できるように分泌が増えます。

この時の女性は体が楽で気持ちも落ち着いているので、幸せな生活を送れます。

排卵が過ぎると減少し始め、生理が始まる頃に急激に分泌量が減るので、イライラしやすい傾向があります。

しかし生理周期の影響を受けないで、分泌量が減ることがあります。

排卵ホルモンの減少の原因

夜ふかしや偏食、冷えなど健康的でない生活を送ることです。

喫煙はタールなどの有害物質が内分泌腺に悪影響を与えます。

そもそも妊娠したらタバコを吸うことはできないので、早めに禁煙しましょう。

不規則な生活を続けるとホルモンバランスが乱れて、妊娠に適した時期になっても分泌量が増えずに、不妊の原因となってしまいます。

卵胞ホルモンを増やすには、無理なダイエットをしないことが大切です。

ダイエットで自律神経の調子を乱してしまうと、性腺刺激ホルモンの分泌量が減ります。

ダイエットは毎日の運動やバランスの良い食事で成功させるのが理想的で、特に太っていないのに痩せようとするのは控えます。

痩せすぎると脂肪細胞が足りないことで、卵胞ホルモンを生成できなくなります。

またストレスはその日のうちに発散します。

ストレスが蓄積されると、副腎皮質ではコルチゾールを多く分泌します。

コルチゾールの元であるプレグネノロンは、他のホルモンを作るのにも使われ、その中に女性ホルモンも含まれています。

ストレスのない生活はありえませんが、人間関係や妊娠できないことばかりを悩まないようにします。

排卵ホルモンの増やし方

食事は炭水化物とタンパク質、脂質にビタミンとミネラルをバランス良く摂取できるメニューが好ましいですが、いくつかの食材は女性ホルモンを増やす効果があります。

大豆は、女性ホルモンに似た作用をする大豆イソフラボンを含んでいます。

納豆や豆腐、味噌など大豆は様々な食品に加工されているので、味に変化を出しながら毎日食べることができます。

またリグナンを含むごまや穀物も外せません。

リグナンは体内で女性ホルモンの働きをする物質に変化します。スーパーフードとして注目を集めた、ブラックシードは植物性食品の中で最もリグナンの含有率が高いです。

オメガ3脂肪酸は良質な脂質なので、積極的に摂取したいです。

さらに卵胞ホルモンはときめくことでも増えます。

旦那さんの良いところを再発見したり、趣味や好きなものに熱中することでストレスも解消されます。

ミネラルエイジングケアプレグルCB-1カプセル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です